この推進機構のサイトをご覧の皆様に、当推進機構の理事長 瀬戸恒彦から伝えたいことを、「講話」という形で順次掲載して行きます。

1 論語を学ぶ意義
    理事長 瀬戸恒彦
 
◆人間としての道(倫理)が記されている教科書
今から2500年ほど前の春秋戦国時代、魯(ろ)という国に孔子が生まれました。孔子は、後世に多大な影響を与えた思想家で世界的に有名です。
孔子に釈迦とキリストを加え、世界三大聖人と呼んでいます。
論語は、孔子とその弟子の言行録をまとめたものです。論語には人としての道やリーダーとしてあるべき姿や考え方、行動などが記されています。
2500年の時を経て、なお私たちの心の規範として存在している論語は、人間の本質をとらえていると思います。
 
◆論語は日本人の品性の根源
日本でも、論語は多くのリーダーに読み継がれてきました。古くは聖徳太子、そして徳川幕府を開いた徳川家康、農民聖人と言われた二宮尊徳、
日本人の精神を「武士道」という書物で世界に発信した新渡戸稲造、我が国の資本主義の父と言われ、論語を基盤として多くの企業や団体の設立
に関わった渋沢栄一などは、論語の実践者として有名です。
さらに、「論語の活学」等を表し、吉田茂や岸信介などの政治家や三井、三菱などの経済界リーダーから慕われた安岡正篤、京セラの創業者で
JALの再建を果たした稲盛和夫なども、論語を基本として多くのリーダーを養成してきました。このように、混迷の時代、有名・無名を問わず
数多くのリーダーたちが論語を熟読し、判断の「よりどころ」にしてきたのです。
特に、徳川家康は、自ら論語を学ぶだけでなく、武士に論語を学ばせました。江戸時代は、士農工商という身分制度がありましたが、藩校や寺子
屋で武士から商人にいたるまで、論語を学んでいたのです。こうして、江戸時代の日本人は、世界で一番識字率が高いと言われているのです。
その逸話として、1854年に日本と和親条約を結んだペリー提督は、自伝の中で、「私は 世界をいろいろ航海してきたが、日本人のように落
ち着いた華麗さと、威厳を持った国民に出会ったことがない」と記しています。当時の日本人は、「論語」に描かれる理想の人間像を求めて、論
語を学んでいたのです。
この日本人の精神を世界に発信したのが、新渡戸稲造です。新渡戸稲造は、1900年に「武士道」という本をアメリカで出版します。原文は、英
語で書かれており、世界でベストセラーになりました。当時のアメリカ大統領セオドアルーズベルトも「武士道」を絶賛し、家族、友人、知人に
配ったという逸話が残されています。
そして、日本の経済界をリードした渋沢栄一は、商業道徳を指導する際の拠り所として論語を活用しました。世界の中で日本の商慣行が優れて
いたのも、渋沢栄一の実践哲学としての「論語と算盤」があったからにほかなりません。 
このように、論語は、日本の中で独自に進化し、日本人の心の拠り所として生き続けています。今後、日本が世界のリーダーとして世界平和に
貢献するために、そして、子供たちが凛とした日本人として世界中で活躍する時代を拓くためにも、論語を学びたいものです。
職員の皆さんも、自らの人生指針となり、また、事業所を支援する際の実践哲学にもなる「論語」を一緒に学んでいきましょう。
 

ページトップ