理事長挨拶

神奈川県は、日本の中でも高齢化のスピードが速く、特に都市部における高齢化問題は緊急の課題となっています。また、ストレス社会のなかで「うつ」などの精神障害になる方も増加しており、障がい者自身も高齢化しつつあります。

今後、在宅で生活する要介護高齢者が増加することが見込まれ、今般の介護保険制度改正では、「地域包括ケア」を推進することが大きな柱として位置づけられました。

「地域包括ケア」を推進するためには、介護サービスを充実するだけではなく、医療や生活支援サービスとの連携、高齢者や障がい者が住みやすい住宅を整備することが求められます。

そのためには、高齢者と障害者の縦割り行政の壁を取り払い、地域コミュニティーの一員として、高齢者も障害者も住み慣れた地域で自分らしい生活を送ることのできる環境をつくることが大切です。

一般社団法人かながわ福祉居住推進機構は、高齢者や障がい者が心身の健康を保持し、自立した日常生活を営むことができるよう、安全かつ快適な福祉住宅の設置を促進するとともに、生活支援サービスを受けることのできる仕組みを構築するために設立いたしました。

今後、自治体や民間事業者の皆様と連携協力しながら、様々な事業を展開していく予定ですので、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人かながわ福祉居住推進機構
理事長 瀬戸恒彦

ページトップ